ホーム > マテリアル・素材
審美歯科治療で用いられる歯冠修復素材には、さまざまな種類があります。一般的に「セラミック」とひとくくりに呼称されている素材にも厳密に分類するといくつかの種類に分かれます。私たち東京マキシロフェイシャルクリニックの歯科医師は、これらの素材の特徴を正確に把握し、それぞれのケースに応じた適切な使い分けを行っています。

ジルコニアとは、人工ダイアモンドと同じ元素を持つ新素材セラミックです。欧米では白い金属とも呼ばれ、スペースシャトルの外壁や人工関節にも使用されています。歯科医療の分野では、美しく、軽量かつ高強度、耐久性と生体親和性をも併せ持つ審美性素材として注目を浴びています。従来の補綴治療(歯の被せ物や詰め物)では、レジン樹脂、金属、アルミナセラミックが歯を補完する主要な素材として使用されてきました。

しかし、レジン樹脂は変色し、金属は審美面と金属アレルギーの問題があります。また、アルミナセラミックは強度面で限界があります。ジルコニアの登場によって、これらの素材のそれぞれの欠点を補完する治療が可能になりました。

金属の代替素材として使用することで、より審美的な治療が可能になるケースがあります。
強度が高いため、噛む力が強くかかる奥歯やブリッジなどでも適用することができます。
金属アレルギーをお持ちの方へも使用することができます。
適合、光の透過度、色の再現性はアルミナに劣ります。
高強度のため、加工が難しい。
臨床データが少なく、適用ケースの選定が難しい場合があります。
ジルコニアは、ジルコニアセラミッククラウンの裏打ちやインプラントの土台(アバットメント)として使用します。

正式な名称は、酸化アルミニウムといい、お皿や陶磁器など、一般的なセラミック製品のほとんどすべてにアルミナが含まれています。
歯科歯冠修復材料としては、オールセラミッククラウンの裏打ち(アルミナコーピング)として使用します。

ジルコニアセラミッククラウンやオールセラミッククラウンの表面に盛ったり、オールセラミックインレーに使用したりするポーセレンと呼ばれる陶材にも主成分としてこのアルミナが含まれています。ジルコニアやe.maxなどの新素材の登場により、裏打ち(コーピング)として使用する機会は減りましたが、ポーセレンまでを含む広い意味では、現在でももっとも一般的に使用されているセラミック素材です。

光の透過度が高く、自然な美しさを再現することができます。
もっとも歴史あるセラミック素材のため、臨床データが豊富にあります。
金属やジルコニア、e.maxに比べ、強度が劣ります。
アルミナは、オールセラミッククラウンの裏打ちやジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウンの表面、オールセラミックインレーの素材として使用します。

e.maxとは、Ivoclar Vivadent社が販売する二ケイ酸リチウムガラスを主成分とするセラミック素材です。さまざまな意味でジルコニアとアルミナの中間の特徴を持っています。

美しさと強度のバランスをとった治療が可能になります。
適合、光の透過度、色の再現性はアルミナに劣ります。
金属やジルコニアに比べ、強度が劣ります。
臨床データが少なく、適用ケースの選定が難しい場合があります。
e.maxは、オールセオールセラミッククラウンの裏打ちや表面、オールセラミックインレーの素材として使用します。

歯科用プラスチック(レジン)にセラミックを混ぜたハイブリッド素材です。ハイブリッドレジンと呼ばれることもあります。
ハイブリッドセラミックは、色彩表現に限界があり、時間の経過とともに若干変色しますが、独特の粘り強さ(弾力性)があります。
噛む力が強い方や歯軋り・くいしばりの癖がある方に純粋なセラミックを使用すると、セラミックが欠けたり(チッピング)、歯根に負担がかかってしまったりすることがあります。このようなケースでは、弾力性のあるハイブリッドセラミックが有効な場合があります。

弾力性があり、適度にすり減るため、欠けたり、周囲の歯を傷めたりしにくい。
色彩表現に限界があり、時間の経過とともに変色します。
ハイブリッドセラミックは、ハイブリッドセラミッククラウンの表面やハイブリッドセラミックインレーの素材として使用します。

コンポジットレジンとは、ペースト状の歯科用プラスチック素材です。光を照射することで硬質化します。
このコンポジットレジンは、小さなむし歯を削った跡に削った部分を補うときや、前歯の形を若干変えたいときなどに使用します。
色彩や透明性の異なるペーストを積層築盛することによって、天然歯のような自然な美しさが再現可能となっています。

歯への侵襲を最小限に抑えることができます。
時間の経過とともに若干変色します。
コンポジットレジンが補える範囲には限界があります。
コンポジットレジンは、ダイレクトボンディングの素材として使用します。
東京マキシロフェイシャルクリニックの治療方針・特徴とは? 詳しくはこちら
歯科医師のご紹介 詳しくはこちら
治療過程のこだわりが治療結果の違いを生む。 詳しくはこちら
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病