ホーム > 妥協しない治療過程のこだわり

現在、どこの歯科医院も審美歯科治療を謳っています。それはセラミックなどの審美歯科材料を使用すれば、それなりの美しさを実現することができるからです。
しかし、素材と同時に大切なのは1つ1つの治療過程です。治療過程の違いによって、同じ審美歯科治療を謳っていても、その内容には大きな違いが生まれます。
当院では、1つ1つの治療過程に徹底的にこだわることによって、正しく機能し、持続的に美しい、究極の審美歯科治療を目指しています。

東京マキシロフェイシャルクリニックでは、全ての歯科治療のはじまりに歯周病治療があるべきとの治療方針に則っています。それは、審美歯科治療であっても同様です。むしろ、審美歯科治療だからこそ、より一層大切に考えています。建物に例えると、土壌の定まらない土地の上にビルを建てることは危険なように、細菌に侵されている歯肉(歯ぐき)の上で美しい歯の治療をしても、長期的な審美性を維持することはできないからです。
 

当院では、この方針を実現する治療法として、1日の治療で歯周病の基本治療(原因除去)が完了するPERIOD.®という歯周病治療を実施しています。

歯肉と同様に人工歯の土台となるものに歯の根があります。歯の根は噛む力を支える大切な部位であり、また歯の根の治療(根管治療)は一般的に再治療が必要になるケースが多い治療です。

目に見えないところでも、長期的な審美性を維持するために、決して妥協しない治療をお約束します。

東京マキシロフェイシャルクリニックの審美歯科治療では、1つ1つの歯の色調や形態にこだわるのはもちろん、全ての歯が並んだときの歯と歯茎までも含めた、全体の美的調和を大切にしています。

治療に入る前段階から、ワックスによる模型上でのシミュレーションを行い、スマイルライン、ミッドライン、ガムラインなど、さまざまな基準を理想に近づけるよう設計していきます。

プロビジョナルレストレーションとは、仮の歯を意味します。一般的な歯科治療では仮の歯はテックと呼ばれ、見た目を補う一時的なものとして使用します。

しかし、東京マキシロフェイシャルクリニックでは、同じ仮の歯でもプロビジョナルレストレーションと呼ばれる、テックとは異なる概念を採用しています。これは、仮の歯をただ単に一時的なものとしてではなく、歯肉の状態を整え、歯の形態や咬み合わせを確認・調整するための治療過程として捉えるアプローチです。

形成・印象とは、歯を削り、人工の歯を作製するための型をとる工程になります。「歯を削る」、「型をとる」と言ってしまえば簡単ですが、歯と歯ぐきの境目(マージン)をどれだけ正確・精密に形成するか、また精密に形成したマージンをどれだけ正確に型に反映させるかは、突き詰めれば終わりはありません。

私たち東京マキシロフェイシャルクリニックは、一般的に省略されがちな手間のかかる工程も妥協せずに実施していきます

人工の歯の製作は、歯科技工士と呼ばれる国家資格を持つプロフェッショナルが行います。模型や写真を分析し、ときには患者様のお口の中を直接拝見しながら、歯のシェード(色)を決め、形態設計を確認します。
人工の歯のクオリティーは、歯科医師の技術力だけでなく、歯科技工士の技術レベルにも大きく左右されます。東京マキシロフェイシャルクリニックでは、技術レベルを厳しく審査した歯科技工士にのみ、人工歯の作製を依頼しています。



最後に完成した人工の歯を患者様のお口の中に装着し、最終的な適合や咬み合わせを確認、調整することで1つの治療が終了となります。

こだわりSTEP1 歯周病治療へ
歯科医師の専門は? 詳しくはこちら
当院で治療を行った患者様の声を聞く 詳しくはこちら
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病