ホーム > 妥協しない治療過程のこだわり > プロビジョナル
歯周病治療
プロビショナル
歯の根の治療
形成・印象・補綴
解析・デザイン
歯科技工

プロビジョナルレストレーション(Provisional Restoration)とは、最終的な被せ物を入れる前の仮の歯を意味します。一般的な歯科治療では、仮の歯はテック(Temporary Crown)と呼ばれ、見た目を補う一時的なものとして使用します。ProvisionalとTemporaryは、辞書を引くとともに、「暫間的な」という和訳がされています。しかし、両者にはその意味合いに大きな違いがあります。Temporaryとは、単に「一時的な、臨時の」という意味です。それに対して、Provisionalには、Pro =「前に」とVision =「観る」という意味が含まれています。

つまり、プロビジョナルとは、最終補綴物(人工の歯)を入れる前段階の立体的な設計図なのです。形態はプロビジョナルの前段階であるワックスアップで設計することができます。しかし、実際にお口の中で見た印象や色、歯肉の形、咬み合わせ、しゃべりやすさ等は、このプロビジョナルで観察し、必要に応じて調整を行う必要があります。プロビジョナルの形態によって、歯肉のラインも変わってきます。また、咬み合わせの力の加わり方を確認することは長期的に咬合と補綴物を維持するために必須な作業になっています。
この調整したプロビジョナルを一定期間装着したまま生活していただき、問題がなければ、プロビジョナルを基に最終的な補綴物の作製へと進んでいきます。



プロビジョナルのクオリティーがそのまま最終補綴物のクオリティーに直結します。そのため、私たち東京マキシロフェイシャルクリニックでは、この工程をとても大切に考えています。

こだわりSTEP5 形成・印象・補綴へ
こだわりSTEP3 解析・デザインへ戻る
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病