ホーム > 歯周形成外科
クラウン
インレー
ラミネートベニア
ダイレクトボンディング
インプラント
歯周形成外科
ブリッジ

歯周形成外科(歯周再生治療)とは、長くなってしまった歯肉(歯茎)の形態をキレイに整える治療法です。
「歯茎がやせた」、「歯茎が長くなった」などの症状は、歯周病や不適合な被せ物(セラミックの歯)、加齢などが原因として挙げられます。

その他、笑った時に歯茎が見えすぎてしまうガミースマイルなど、歯茎に対するお悩みを多くいただきます。
当院では、歯の美しさだけではなく歯茎とのバランスなど様々な観点から審美歯科治療に取り組むため、歯周形成外科をおこなっております。

歯周病と不適合なセラミック治療により、歯茎が退縮し、歯が長く見えてしまっている症状です。

ガミースマイルとは、笑ったときに上唇が上がりすぎてしまい、歯茎の大部分が見えてしまう症状です。歯科では外科的処置をおこない症状を改善させるのが一般的ですが、患者さまの治療による負担(侵襲)も大きいため、当院では形成外科医によるボトックス治療もご用意しております。

歯の長さが短い、歯ぐきが見えすぎるといったケースでは、歯肉切除術で歯肉を切り取ることによって歯ぐきのラインをキレイに整えることができます。歯肉切除術は、歯槽骨の形成が必要ない場合、とても簡単な手術で美しい歯ぐきのラインを実現します。



当院に歯茎の審美障害で相談にお越しになる患者様の中には歯周病による歯茎の腫れ、炎症が原因の場合があります。ご本人は歯周病との自覚症状がなく、純粋に歯茎の形態を気にしてご来院されますが、これらのケースは歯周病治療で改善します。

当院が推奨する歯周病治療PERIOD.は、1日の治療で歯周病の基本治療(原因除去)が完了します。詳しくは、オフィシャルホームページのPERIOD.のページをご覧ください。

歯ぐきが長くならないように。 歯周病治療について。
当院で治療を行った患者様の声を聞く。 詳しくはこちら
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病