ホーム > 銀歯を自然な白い歯に
前歯の色・形を美しく
失った歯を取り戻す
銀歯を自然な白い歯に
歯茎を自然に美しく
歯並びを綺麗に
インプラントの歯周病

むし歯になってしまった部位を削って詰めたり、被せたりする治療のうち、通常の歯科医院で一般的に使用されている、いわゆる“銀歯”はご存じですよね?
実はこの銀歯という治療法は世界的にとても珍しく、欧米ではJapanese Toothと呼ばれることもあるほどです。アジアも含めて世界的に一般的ではないほど、銀歯はメリットが少ない治療法です。

それには当然、見た目の問題も含まれます。奥歯でも笑うと見える銀色の歯は気になりますよね?

これらをセラミックの詰め物、被せ物に替えることで、白く綺麗なお口の中になります。ただ、詰め物や被せ物をセラミックにすることには、それ以上のメリットがあります。


光を透過する歯と同じ白い材質で、変色することもないため、長期間美しい色調を保つことができます。また、金属のように歯肉に色素が沈着することもありません。


表面に傷が付かないため、細菌が付着しにくい。また、劣化や変形による治療跡の隙間から細菌が侵入するリスクが少ない。


銀歯は時間の経過とともに体内に吸収され、アレルギーを引き起こす可能性がありますが、セラミックならアレルギーのリスクを回避することができます。

銀歯には詰め物と被せ物があります。
それぞれ、セラミックインレー、セラミッククラウンに取り替えることができます。

クラウンとは、天然の歯を全体的に削り、削った天然歯の上に人工の歯を被せる治療法です。むし歯が神経まで達してしまっている場合に行います。使用するマテリアル・素材により、ジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、メタルボンド、ハイブリッドセラミッククラウンがあります。


インレーとは、むし歯の部位を削り、人工の歯を詰める治療法です。むし歯が神経まで達しておらず、除去する部位が歯の全体に及ばない場合に適用します。使用するマテリアル・素材により、オールセラミックインレーとハイブリッドセラミックインレーがあります。

治療過程のこだわりが治療結果の違いを生む。詳しくはこちら
当院で治療を行った患者様の声を聞く。 詳しくはこちら
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病