ホーム > 失った歯を取り戻す
前歯の色・形を美しく
失った歯を取り戻す
銀歯を自然な白い歯に
歯茎を自然に美しく
歯並びを綺麗に
インプラントの歯周病

「歯が抜けてしまったけど、そのままで…。」
「とりあえず入れ歯にしておけば…。」
いつかキレイに治そうと思っていても、そのままになっているなんてことはありませんか?
 

歯を失ってしまった場合の治療法としては、インプラント、ブリッジ、義歯(入れ歯)がありますが、審美的な治療をご希望なら、おすすめはインプラントかブリッジです。インプラントとブリッジは、ご自分の歯のように使用することができます。

症状によっては、患者さまのご要望の治療が行えない場合もありますが、選択が可能な場合にはそれぞれのメリット・デメリットを理解していただいたうえで、患者さまにもっとも適した治療法をご提案いたします。

歯科用インプラントとは、人工関節や人工心肺などにも使用される純チタン製の人工の歯根を意味します。外傷や歯周病によって歯を失ってしまった部位にインプラントを埋入し、その上に人工の歯を装着する治療法です。
インプラント治療は、ブリッジや入れ歯のように隣りの歯に侵襲・負担を加えることがない優れた治療法です。

ブリッジ治療とは、歯を失ってしまったときに、両隣りの歯を削って土台とし、橋渡しをするように人工の歯を入れ欠損部位を回復する治療法です。それまで3歯で支えていた噛む力を2歯で支えることになるため、土台となる両隣りの歯に負担がかかり、それらの寿命が短くなる場合があります。

従来からもっとも広く一般的に知られている欠損歯の治療法が義歯、いわゆる入れ歯です。義歯(入れ歯)にはさまざまな種類があり、見た目も自然で装着感も快適なものもありますが、基本的には、インプラントやブリッジに比べ見た目や噛む機能は劣ります。

治療法・術式

インプラント

ブリッジ

義歯(入れ歯)

適用範囲

全ての歯に適用可能
※全身疾患をお持ちの方や骨が薄くなってしまっている方には適用できない場合もあります。

連続する欠損の場合制限があります。

全てのケースに適用可能

審美性

ほぼ天然歯と同じ

ほぼ天然歯と同じ

限界があります

天然歯への侵襲

なし

両隣りの歯を削ります
両隣りの歯に負担がかかります

支えになる歯に負担がかかります

快適さ

ほぼ天然歯と同じ

ほぼ天然歯と同じ

限界があります

治療期間・通院回数

約2~6カ月
(ケースにより異なります)

約2~4週間(通院2~4回)

約2週間~6カ月
(ケースにより異なります)

治療費

¥315,000 / 1歯
※上部構造別途

¥252,000 / 1歯欠損
※3歯の連結冠

¥105,000~ / 1歯

当院でもっとも支持される欠損歯治療、インプラント。 詳しくはこちら
もう歯を失わないために知ってほしい。 歯周病について
新しい歯をまた悪くしないように。 インプラント周囲炎について
妥協しない治療過程のこだわり
治療法・術式
マテリアル・素材
治療費のご案内
ケーススタディ・症例
患者様の声
地図&診療時間

お悩みに応えます

前歯の色・形を美しく
銀歯を自然な白い歯に
歯並びを綺麗に
失った歯を取り戻す
歯ぐきを自然に美しく
インプラントの歯周病